毎日が本番

ライフログ

2021GW 3日目 日曜日

今日は休暇としては3日目。日曜日。

 

いつも、日曜日は午前中から稽古までは一人時間なのだが、今日はケータイの修理が終わったというのでとりにいって、そのあともなんだかんだでごはんをたべたりしてから稽古へ。

 

そして、またやってしまった。

昨日の稽古で、中段のくりつけをやっているときに、切る気がないからだ、と言われたので、感じ方が足りないのかも、いや、感じても体がうごかないのかも、と悩んでいたため、今日の稽古で、杖の先が目をはずしてすごいふってきたので、そのまま太刀をかえして切ってみたら、やりづらい、稽古にならない、他の人なら止めてくれるといわれて、そうか、がんばって止めなくてはいけない、という考え方なんだ、、としみじみ思った。

だが、横切留をしていたときに1本目は目をはずしてきたが、2本目は修正してきたので、考えているのかも、と少し思った。

いずれにしても、こういうときに、やってしまってはいけないのだ。いわれたとおりに、期待通りに動かないといけないのだ、と思った。これはそういう意味での稽古だとわりきろう。先生が割り込んでなかよくやらないとーというくらいだったから、あきれられたなと思うが、そのときの期待通りに動かなくてはいけないのだ、と心底思った。

 

ああ、これがすごくすごくいやだったのだ。あの先生がくると、私に反応を求めてくるから、それで反応すると、その反応がしっかりしていないようにみえて気に入らない人が、いろいろいってくるので、それがいやで、貝にならないとと思うので、それで身体を壊すのだった。

というストレスをまさかGWに受けるとはな。ゆっくりしたい気持ちでいっぱいだったのに。